ラクトフェリン、摂取方法が最大の効果を上げる鍵を握る

ラクトフェリンの摂取タイミングは就寝前がベスト

巷にあるサプリメントの中でも、今一番注目を集めているのがラクトフェリンです。ラクトフェリンというと、一般的には乳製品というイメージが強いもの。そのラクトフェリンの効果は、抗菌作用、抗炎症作用、代謝アップ、便秘解消などなど、多岐に渡っています。
そのラクトフェリン、基本的にはいつでも自分のライフサイクルに合わせて摂取すると良いのですが、あえて言うと、1日の時間帯の中でも、特に夜、就寝前に摂取するのが一番おススメなんです。ラクトフェリンは、熱に弱く結構デリケートな成分です。胃の中で消化して腸に行くまでに吸収率が下がってしまうことも。それを避けるためには、胃の中ができるだけ空っぽの状態で、胃に負担がかかっておらず、ラクトフェリンの消化吸収に内臓が集中できる時間帯がベスト。実際、便秘解消のための便秘薬と呼ばれているお薬だって、夜飲んで朝すっきり、というものが多いのも、できるだけ成分を腸まで浸透させるのが目的です。
ラクトフェリンの成分も然り。便秘の人も、それ以外の人も、ラクトフェリンの成分を、腸から十分に体に浸透させるためにも、是非、これからは、夜眠る前に、を合言葉に接種してみてはどうでしょうか。

お腹の中の渋滞時期を外そう

私たちの食生活はン十年前から比べると激変しました。
肉中心の欧米化した食生活のために、野菜不足で便秘気味の人が増えています。また、食物繊維が不足していて、脂質が多い食生活は、生活習慣病という病気のシリーズ(?)を生んでしまいました。これら私たちの健康を害する要素は、是非ラクトフェリンで撃退しておきましょう。ラクトフェリンには、整腸作用の他にも、血液中の糖を分解して、血糖値を安定させ、高血圧を予防・改善する効果があります。そのため、ラクトフェリンは、脂肪肝や高血圧、糖尿病といった生活習慣病の予防には、特におススメの成分です。
ただ、ラクトフェリンの主成分である糖タンパク質は前出のように、熱に弱く、体内に入った成分が100%吸収されるのがとても難しい成分です。だからこそ、できるだけ効率よく、負担なく吸収率を上げるためには、お腹の中の渋滞時間、つまり食事が終わったばかりよりも、ある程度消化されて胃が空っぽの状態のほうがおススメなんですね。お薬は胃が空っぽじゃ、胃の粘膜の負担になるんじゃ?と思っているあなた。ラクトフェリンのサプリはお薬とは違いますので、胃の粘膜を傷つけたり、負担になるということはありません。御心配なく。

自分の最適ラクトフェリン量を知ろう

例えばカルシウムは、成人女性で1日に大体250〜650mg、成人男性で250〜700mg位を推奨されています。一方、ラクトフェリンは、そのような具体的な推奨値がないのが現状です。
そこでまず第一段階として大切なのは、自分の症状に合った摂取量を知っておくことです。ただ、大まかな目安として、大体150mg程度とされていますが、特定の病気や症状の改善のためにラクトフェリンを摂取したい人にとっては、症状や病気ごとに、数値の基準を設けています。例えば糖尿病やC型肝炎といった病気の方には、一定の効果が出るための数値は、900〜1,200mg程度と言われています。
また、アトピー性皮膚炎、鼻炎、花粉症といった症状の方には、300〜600mg程度と言われています。このように大まかな目安が決まっていますが、これはあくまでも目安ですので、実際ラクトフェリンを摂取し始めたら、まず、自分で効果が実感できる量を知ることが最終的に大切です。ラクトフェリンは、余程の想像を絶するような(?)量を摂取しないかぎり、副作用と呼ばれるものの心配はありません。ただ、摂取で大事なのは、1日に大量に摂取することではなく、毎日少しずつ、定期的に続けていくということです。

 

ラクトフェリンのまとめサイト

ラクトフェリン、どうやって摂りましょうか?

ラクトフェリンを摂取するのにおススメなのは、断然、ラクトフェリンのサプリメントです。基本的にラクトフェリンが含まれている食品は、乳製品と考えてもらうと分かりやすいです。筆者ももちろん乳製品は大好きでよく食べます。ヨーグルト、チーズ、牛乳などなど。ただ、これらの乳製品は、一日に沢山摂り過ぎると、乳製品のアレルギーが出てくる可能性があります。

また、脂質が多い為、脂肪肝や高血圧、糖尿病の改善を目指す人にとっては、宿敵ともいえる存在ですので、大量に食べるわけにはいきません。ダイエットが目的でチーズやヨーグルトを大量に摂取していては、果たして何のためにラクトフェリンを摂取しているのか・・・?なんて振り返ってしまうほどですよね。
サプリはカロリーも僅かですし、余計なものは入っていませんので、純粋にラクトフェリンの成分を体に摂取することができます。前出のように、副作用もありませんので、安心して飲むことができます。ただ、注意したいのが、乳製品のアレルギーを持つ方。残念ながら、乳製品のアレルギーを持つ方は、ラクトフェリンの摂取はおススメできません。どうしても、ラクトフェリンの摂取を、と言う方は、かならず主治医に相談をしましょう。

 

ラクトフェリンのまとめサイト

参照サイト

ラクトフェリンサプリメントを冷静に比較した結果がコレ!・・・ラクトフェリンサプリを選ぶなら、より身体にいいものを選びたい!そんな思いからラクトフェリンを冷静に比較しコレ!というおすすめのラクトフェリンがわかりました。ぜひ参考にしてみてください。